空読無 白眼 資料館

ウチナルココロ


BMS: 白


EVENT: 第13回自称無名BMS作家が物申す!


白(後の空読無 白眼)がBMSシーンに初めて足を浸かった、記念すべき1作目。
簡単な譜面一つのみ同梱、1分以上のwavファイル同梱、TOTAL値未設定、wavファイル名が日本語で命名が痛いなど、初BMS制作らしい初々しさがそこら中に醸し出される。BMSとしての出来は最下位レベルであるが、独特な作風であると評価され、辛うじて中の下くらいの順位に収まる。


DL